ラーメンエース&Cafe Amnos 自営業備忘録
by erinberryjam
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
全体
ラーメン屋
カフェ
旅行
多摩
教会
大相撲
介護
食品の秘密
未分類
以前の記事
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
フォロー中のブログ
lilac_cottage
つみつみ
grace
Lene cafe つうしん
あしげんち
Harp by KIKI
最新のコメント
涙さん まぁ…そうでし..
by erinberryjam at 12:36
学生さんは帰省してしまっ..
by 涙 at 15:50
> △さん コメントあ..
by erinberryjam at 13:25
まさか玉鷲とは・・・ ..
by △ at 05:30
◯さん コメントありが..
by erinberryjam at 18:55
最強の大関であり、最弱の..
by ○ at 05:56
まるさん あけましてお..
by erinberryjam at 20:43
今年も宜しくお願いします。
by まる at 13:57
> ecaさん コメン..
by erinberryjam at 16:23
日々アクセスして、更新が..
by eca at 08:59
メモ帳
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusha..
venussome.com
from venussome.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
着付け
at 2019-03-20 15:57
アイリッシュハープと優しい歌..
at 2019-03-17 02:27
ヤサイコール必須の『マーボー』
at 2019-03-13 18:23
また来なくっちゃ!
at 2019-03-04 17:01
本のカンチェンジュンガ
at 2019-02-19 23:28
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
旅行・お出かけ
レストラン・飲食店
画像一覧

カテゴリ:大相撲( 27 )

大穴玉鷲初優勝!

なんて清々しいの〜〜!!
日夜白鵬が負けることだけを夢見る私にとって
関脇ではあるけれど関脇と平幕を行ったり来たりで
なおかつ三十代半ば
あまり注目されていなかった玉鷲が初優勝なんて〜!
鶴竜と仲がいいのも贔屓目に見てしまうポイント…
(解説で初めて知りましたが
東大大学院に在学中のお姉さまのところに遊びに来て
自転車に乗った鶴竜を見かけて
「どうしたら力士になれるのか?」と尋ね
鶴竜・旭鷲山を介して片男波部屋に入門したのだそう!)

横綱も大関も不振なのだから順番から言って関脇が優勝でしょ〜
と夜中の『大相撲全取組』だけしか見てない人なら思いそうです。
でも録画を夜な夜なチェックする者にとっては
稀勢の里引退の寂しさを完全に払拭してくれた頼もしい帰り三役
優勝を決めた千秋楽は第2子の誕生だなんて
メイクドラマですね!?
そもそもほかのメイクドラマを期待していた私は
稀勢の里が引退したのだから弟弟子の高安が頑張ってくれたり
序盤だけで言ったら錦木や逸ノ城が上位陣を負かしていったので
もしかしてもしかするかも…なんてことを考えていました。
いや〜でも玉鷲は序盤で二つ星を落としていたので
まさかまさかの結末でしたが本当に面白い場所にしてくれました。

大きく流れを変えた休場明けの御嶽海
休場明けいきなり白鵬との一番で白鵬に土をつけました。
痛めた足はまだ治っていないのに!!
惜しくも千秋楽で負けて大関昇進を逃してしまった貴景勝も
実力が伴っていたと証明する場所になりました。
この2人が唯一玉鷲に勝っている力士で
番付も同じ関脇・小結です。
昨年の優勝力士…
あ〜目が離せない人だらけだわ〜!

思い出せば稀勢の里のことはやっぱり寂しい…
這ってでも出てくるタイプの横綱だから愛されるのだわ〜
実際這って出てきたことはないけれど…
そして這って出る気はさらさらない白鵬は
たぶん休み休み東京オリンピックまで体力を温存するのかな?

北の富士さんのちょっと脱力気味の解説
今場所も楽しかったです。
次は3月の大阪かぁ〜
その頃には私は紅茶検定というのを終えているのですが
笑って大阪場所を見られるのか!?
頑張れ玉鷲!頑張れ私!!

by erinberryjam | 2019-01-28 00:26 | 大相撲 | Comments(2)

ありがとう稀勢の里

本場所まだ序盤ですが昨日稀勢の里が引退しました。
お正月に漠然と
「キセノンはどんな気持ちで新年を迎えたかな?」
なんて考えていたのですが…
本人が一番体の状態をわかっていますからね〜
これでダメなら引退!(会見より)
白鵬キラーだった大関時代が本当に懐かしい!
あの沸かせる相撲が取れなくなったのだから
その責任を痛感しての決断…
以前このブログで
「サラリーマンなら給料ドロボーと言われるありさま」
なんて…凄く厳しいことを書いてしまって反省しています。
感謝の気持ちしかない…(会見より)
それは好角家が稀勢の里に対して思っている気持ちです!
自分の引き際も応援してくれる人のために続けるか否か
人の期待をひとりで背負って頑張ってくれた横綱だったのだな〜
一片の悔いなし!(会見&『北斗の拳』より)
どんなに本人がそう思ってもこの言葉を聞かされた方は
「続けさせたい!」「続けさせたかった!」と思うもの…
それが叶わないからお疲れ様と思うしかない…
報道関係者しかいない会見場で異例の拍手が起こったのも
そういう気持ちにさせた稀勢の里に対する
精一杯の労いの拍手だったのかな〜と
思い出しても目がウルッとしてしまいます。
人のために頑張ってきたのだから
もう自分の人生を楽しんでほしい…

本場所は波乱の予感…
どうした!?横綱・大関!!
白鵬も一応勝っているだけで危ない相撲ばかり!
高安…星が五分…兄弟子の引退で奮起してくれるのか!?
昨年優勝した若手がまぐれの優勝ではなく
ジリジリ力をつけてきてるのがわかります。
さてさてどんな場所になるでしょうね〜

by erinberryjam | 2019-01-17 13:55 | 大相撲 | Comments(2)

若手の台頭

カテゴリを一本化…ではなくて
ラーメン屋とカフェと旅行の三本化にしていこうと思ったのですが
一年納めの九州場所の後にやっぱり一年を総括して
相撲ネタを書いてしまう自分がおります…(-_-;)

高安の手から優勝の二文字がこぼれ落ちた瞬間
(千秋楽の御嶽海戦…
その御嶽海も今年優勝経験があったので簡単ではありません。)
前日に貴景勝を下した一番はたまたま勝てた感があったので
「そう簡単ではないのだよ…綱取りは…なぁ高安くん!」
とこんな気持ちになりました。
でも等の横綱陣は全滅!
しかも7月にも全横綱休場というのがあったので
今年だけで2回目!
その前は20年近くこんなことなかったのに!!
普通のサラリーマンの10倍以上給料をもらっておいて
普通の会社だったら給料ドロボーくらい言われるありさまなのに
好角家も協会も横綱に甘い…特に稀勢の里に!!
鶴竜と稀勢の里はちゃんと重圧を感じてそうです。
でも白鵬は出れば優勝するのだから
「足の親指ちょっと痛いから休んじゃお〜っと」
なんて思ってそうで…チッ!
優勝インタビューにそういう内面が溢れ出てるからわかりやすい…
その優勝インタビューで鶴竜の方は
長く休場した期間が辛かったこと
神さまは乗り越えられない試練は与えない
そういう思いでやってきたということを答えました。
井筒部屋の女将さんがクリスチャンですから
聖書からの引用だと思います。

"あなたがたが経験した試練はみな、人の知らないものではありません。
神は真実な方です。あなたがたを耐えられない試練にあわせることはなさいません。
むしろ、耐えられるように、試練とともに脱出の道も備えていてくださいます。"
コリント人への手紙 第一 10章13節
聖書 新改訳2017©2017新日本聖書刊行会←ここまで勝手に出る!!

大した試練ではなかったはずなのですが
高校生の頃の私はこの聖書のことばに大分励まされました。

総括に戻ります…
9月に三賞全て該当者なし!という初めての出来事がありました。
そんなパッとしない平幕かもしれませんが
3年後!と言い切っていいのかどうか…
楽しみで楽しみで仕方ないのが
大鵬の孫である納谷VS朝青龍の甥である豊昇龍の幕内対決!
夕方4時からしか録画してないので
早く幕内に上がってきて〜〜!!
YouTubeで見る2人の取り組みは序の口や序二段などの取り口ではないです。
2人とも今年の初場所が初土俵
その初土俵から話題の尽きないサラブレッド…

横綱はとうに三十路を超えています。
若手も台頭してきました。
来年はどんな一年になるのでしょう…楽しみ!!

by erinberryjam | 2018-11-29 23:24 | 大相撲 | Comments(0)

旭天鵬に次ぐ平幕優勝/栃ノ心

NHK相撲中継の中で『関取訪問』というコーナーがあり
臥牙丸を密着したことがありました。
そして臥牙丸が住む部屋(相撲部屋ではなく住居)で
栃ノ心が料理している映像が流れ
同郷の2人の仲良しっぷりが画面から伝わってきました。

4年前の栃ノ心の前十字靭帯断裂、よく覚えています。
その後幕下55枚目まで番付が下がったことも…
十両以下の力士は稽古の際、黒の廻しを締め
本場所の土俵では木綿の廻しを締めます。
三役を経験した栃ノ心までが黒の廻し姿で稽古をし
本場所では木綿の廻しを締めていたのが心苦しく
辛抱してね〜!応援してるからね〜〜!!
とテレビの前で念じていました。
(ちょっと気持ち悪いファン)

今場所前頭3枚目で幕内最高優勝!
努力が報われた優勝だと思います。
優勝を決めた14日目は都内におり
トレインニュースなどを気にしていたのですが
白鵬や稀勢の里ほどニュースにならないところが…
ん〜寂しい〜〜!!
トレインニュースに全く取り上げられていませんでした。

母国ジョージアのご家族の応援している様子がテレビに出ましたが
昨年11月に生まれたばかりという赤ちゃんが
大きくて誰もがその大きさに驚いたのではないでしょうか?
2ヶ月のアナスタシアちゃん7キロですって!!
それに栃ノ心と同じような鼻と顎の人が複数映ってましたね?

今場所の栃ノ心の優勝は大穴でした。
来場所はもっと期待されるはずですし番付も上がります。
土俵の相手は得意の右四つに組ませない方法で挑んでくるでしょう…
そういう意味で問われる場所となります。
あと二場所二桁勝利が欲しいですね!!
(三場所二桁勝利すれば大関に昇進します。
必ずというわけではありませんが…)

頑張れ〜!栃ノ心〜!!
何やってんだ〜〜!鶴竜〜!!

by erinberryjam | 2018-01-29 23:42 | 大相撲 | Comments(0)

日馬富士引退(΄◉◞౪◟◉`)

e0239312_15425749.jpeg
アムノスの方のカレンダーです。
12月はクリスマスの行事で呼ばれることが多く
手話通訳のためお休みさせていただきます。
あっという間に年末年始!?という感じなのでしょうね…

さて大相撲の九州場所も『一年納めの九州場所』と言います。
毎日録画して見ていましたが
なんか…心ここに在らず状態のまま
15日間を終えてしまった感じです。
2日目までは力士の番付を気にしながら
良かったな〜残念だったな〜なんて
格が上がったり下がったりする平幕を見ていました。
3日目に日馬富士の貴ノ岩に対する暴行事件が報道されて
本当ならよく2日間土俵に上がれたな〜と
そして引退は免れないだろうと考えていました。
それにしても貴乃花親方の異常行動の方が目立って
本当はコツンと小突く程度だったのかも?
そして段々日馬富士が気の毒に思えてきてしまいました。
今日日馬富士の引退が発表されました。
真実がまだ明らかにされぬままに…
免れないとは思っていましたが
いざ引退となると積み上げてきたものの大きさゆえに
1人の人が犠牲を負ったように思えてしまうのです。
と…こんなことは私が書かなくても
週刊誌レベルの話としてたくさん目にすることができます。

白鵬ですよ!!
前人未到の40回目の優勝とか言って浮かれてますけど
いたんでしょう?あの現場に!?
なぜ休場しない…
横綱格であの現場にいたのなら休場モンだと
私は思いますけどね!!
それでいて由々しき問題は11日目の嘉風戦ですよ!
取り組みが終わって土俵を割ってから
手を挙げるって…謎!
俺ルールでも存在するのかと思うような問題行動です。
結びの行司というのは短剣を腰につけてさばくわけです。
采配を間違えるなら切腹の覚悟だという意味なのですよね…
それに対して物言いをつけるつもりだったのかと思うと
「俺は相撲の神さまに見初められてるから
何やってもOKだもんね〜〜」と見えてしまう…
(相撲の神さまのくだりは優勝インタビューによるもの)
そのくだんの優勝インタビューは
膿を出し切る…
日馬富士と貴ノ岩を土俵に戻す…
万歳三唱…謎!
膿…相撲協会の隠蔽体質で力士は関係ないと?
日馬富士を土俵に…世間を騒がせた横綱が
かつて戻ってきたことがありますか?
万歳…万歳…万歳…何が!?
誰が白鵬の暴走を止めてくだされ〜〜という感じです。
何がどう違ってきしまったのか…
なんか変わっちゃったよね〜と人ごとのように思う今日この頃(-_-)

by erinberryjam | 2017-11-29 16:53 | 大相撲 | Comments(0)

男泣き・・・もらい泣き

昨日「美しい男の涙」なんて書いてしまったので
その男の記事も書かなければなりません。
先場所の優勝によって横綱に昇進した稀勢の里
横綱に推薦してくれた人に感謝の気持ちを示すため
また私のように難癖付けた人を見返す意味も込めて
今場所は三横綱に勝って優勝すればいいと
先場所を終えたときに書きました。
白鵬は休場し他の二横綱には残念ながら負けましたが
感動的な千秋楽でした。
痛みに耐えてよく頑張った!
感動した!!


とその前に本場所初日にサラリと
それはまぁ~サラリと
元時天空の間垣親方が亡くなったと放送されました。
私としたことが
亡くなったことすら知らずしばし呆然・・・
悪性リンパ腫で亨年37歳
昨年九月場所で解説席に座られたですが
髪の毛は薄かったものの回復に向かっているように見え
また大銀杏を結って引退相撲させてあげたいな・・・
なんて密かに思っていたわけです。
東京農大から角界に入門した
このところ注目の正代と大学も学部も部屋も一緒
足技が得意で『イヤらしい相撲』とか
『憎らしい相撲』などと言われていましたし
顔をしかめて相手を睨みつけるほど気が強かったので
私は「負けろ~!」と念じるほど・・・
でも蒼国来がまだ来日したばかりの頃に通訳をしたり
病気がわかった後も痛みを人に言わなかったり
優しい青年だったんだな・・・と猛反省(>_<)
妹が務めるゴルフ場に時天空・鶴竜・朝赤龍がプレイしに来たときに
廻りに気を配り、一人明るくジョークを言う人だったとのこと。
負けろとか念じてゴメンよ~
ご冥福をお祈りしてます。

さて今場所を振り返って
若手やベテランそれぞれのことを書きたいのですが
どこまでも長くなりそうなので割愛・・・(;一_一)
13日目の日馬富士・稀勢の里戦
稀勢の里が怪我した瞬間
「またお前か~~!!」と日馬富士に対して思ってしまいました。
所作の美しさに定評があった豊真将が膝の怪我で幕下まで落ちて
その怪我を克服し横綱と戦える地位に帰って来たとたん
その横綱戦でまた膝を痛め引退することになったのですが
その横綱と言うのが日馬富士・・・
鋭い立ち合いと言うのがウリなので仕方ないのかな?
稀勢の里を引退に追い込むようなことがあったら
私・・・黙っていられるかしら!?
「モンゴル帰れ~!」はさすがに言いませんよ!!
このヤジは14日目の琴奨菊・照ノ富士戦
琴奨菊はもうひとつも負けられない崖っぷちで
あっさり照ノ富士の変化に落ちて大関返り咲きならず
あの日1度目に立ち合い不成立があったのですが
その不成立の際、照ノ富士が正面から当たって
印象付けるように立ちあがるという形で仕掛けて行きました。
その後2度目の立ち合いで変化・・・
もう作戦としか思えません!!
でも「モンゴル帰れ」はダメです!
ヨーロッパで活躍する日本人サッカー選手や
アメリカで活躍する日本人メジャーリーガーが
「日本帰れ~!!」なんて言われたら
そりゃ~悲しいじゃありませんか!?
確かに注目していた力士なだけにガッカリな取り組みでした。
稀勢の里は怪我さえなければ全勝優勝だったかもしれません。
その稀勢の里も変化したのですよ?
自分も含めあの変化はズルっ子で
この変化はオッケーみたいなマイルールがありますよね?
オッケーな変化は結局のところ
最後は力相撲に発展する取り組み!
稀勢の里は力相撲で照ノ富士を制しましたね!!
あの男泣き・・・美しかったです。
そして五月場所
今度こそ三横綱に勝って優勝してほしい!
頑張れ!稀勢の里~!!
by erinberryjam | 2017-03-28 23:51 | 大相撲 | Comments(0)

祝☆新横綱誕生!!

年末のテレビ番組で見た北の富士勝昭さん
なんか顔色が優れなかったのですよね~
心臓の手術を受けられていたとは・・・
あの人のいない初日と千秋楽の解説は寂しいものでした(´-`).。oO
全然舞の海秀平さんには代わりは務まりませんな乂-д-)

と・・・そこから入るか!?って
溜めてるのです(;¬_¬)
『来年こそは稀勢の里に賜杯を~!!』
なんて記事を何年書いたか・・・
なだけに嬉しい!心底嬉しい・・・
ハズがなんだかスッキリしない(ノД`)
「横綱昇進には二場所連続優勝、または優勝に準ずる成績」
という条件があるのですが
稀勢の里の場合今場所は優勝
先場所は三横綱に土をつけたものの
優勝の鶴竜と星の差は二つ(>_<)
厳しく言えば優勝に準ずる成績と言えなくもないけれど
今場所の荒鷲のように上位キラーと言われてもいいような・・・
そしてもっと言えば
今場所横綱の日馬富士と鶴竜が休場してしまったわけだし・・・
と書いてみたところで嬉しいものは嬉しい!!
だから来場所
三横綱に勝って
優勝すれば良いわけです!

ガハハッ←簡単に言うなよ~と思われますよね?
でもそれが横綱に推薦した方々への
感謝の形になるのではないかな?寛くん!?
厳しめに書いてしまったけれどおめでとう!!

今はいたずらに体をいじめ抜く稽古ではなく
質の高いトレーニングを取り入れて
食事や睡眠にも気を配っているせいか
三十路を超えた力士が面白い面白い!!
技能賞の蒼国来(33)や豪風(37)
玉鷲(32)など気迫溢れる相撲ですよね~!
以前相撲観戦に行った際
私が中国で長く生活していた友人に
「蒼国来ってローワン・アトキンソンに似てない?」と言うと
ローワン・アトキンソンを知ってか知らずか友人は
「イケメン過ぎるんだよね・・・」と想定もしてない答えが帰ってきたので
「Mr.ビーンだよ?」と付け加えてもなお
「え?蒼国来格好いいよね?」
見え方って人それぞれなんだな・・・
あれも初場所だったな~(´-`).。oO
その蒼国来も無気力相撲を疑われ裁判で勝訴するまで
2年も掛かったことがありました。
よく忍耐して異国の裁判で戦って
復帰後はよく元の番付よりも上に上がることができました。
そして技能賞!頑張った頑張った(T_T)

子供の頃ずっと跳べなかった二重跳びが
突然できるようになったのですが
できるようになるとできなかった状態には戻れませんし
どうしてこんなことができなかったのだろうと振り返りますよね?
(振り返ったところでわからないのですが・・・)
玉鷲がこんな感じでしょう!
モンゴル人力士でただ一人の突き押し相撲で
その突き押しが力強い!
玉鷲が作るクッキー食べたい!!

先場所優勝した鶴竜や
一年前の初場所で優勝した琴奨菊が
怪我で休場、あるいは大きく負け越したのに対し
若手がグングン力を付けたな~と頼もしくなりました。
でもベテランで十両に下がっていった力士のことも
忘れてませんよ~!!けっぱれ安美錦!

明日は伝達式・・・
ドキドキするわ~~
by erinberryjam | 2017-01-24 22:36 | 大相撲 | Comments(0)

2017年『稀勢の里に賜杯と綱を!』

も~2週連続
夫が鍋とやかんを空炊き(-_-)
休日の夫はちょっとやそっとでは起きないので
何時間火に掛けっ放しだったか
見当もつかず・・・
起きないと言っても
朝はいつも通り6時前から起きるのですが
冬眠レベルの昼寝をするのです!
今日は私が実家から帰宅すると
鍛冶屋かと思うくらい
やかんが真っ赤になっていました(@_@;)
怖い~~(>_<)

さて1年納めの九州場所!
十両から面白かったらしいですね・・・(T_T)
そこまで時間を割けず今場所も幕内のみ!

『2016年・稀勢の里に賜杯を!』
というタイトルで1年前に記事を書いてますね・・・
3横綱に連続土を付けた素晴らしい3日間
1年間賜杯に届かなかったのに年間最多勝
その名は稀勢の里寛(ゆたか)
2017年・・・稀勢の里に賜杯と綱を!!
3横綱を倒した大関とは思えない翌日の栃ノ心戦
栃ノ心も右のまわしを取れば脅威ですからね~
鶴竜ファンの私は鶴竜の優勝よりも
稀勢の里の1年優勝できなかったことの方が
深く印象に残る出来事となってしまい
何でしょうね~来年も温かく見守ります。

優勝した鶴竜ですが技能賞の玉鷲(小結)と仲良しらしく
玉鷲が旗手をやってほしかったな・・・
(旗手は青狼)
玉鷲が1横綱3大関を倒し三役に定着しそうで楽しみです。
インタビューの涙も印象的で
表情の変わらない鶴竜と対照的
また語彙の少なさも鶴竜と対照的
かわいい2人ですよね♪

嘉風(前頭二枚目)のと遠藤(三枚目)が
負け越しとは思えない素晴らしい相撲でした。
嘉風は終始攻める相撲でしたし
遠藤も玉鷲同様1横綱3大関を倒しました。
平幕の二桁勝ち星は
正代(三枚目)栃ノ心(六枚目)勢(八枚目)
荒鷲(十枚目)石浦(十五枚目)
関取訪問のコーナーで
正代のおばあちゃまがお出になりました。
正代正代(しょうだいまさよ)さん・・・(笑)
石浦は小兵で筋肉隆々
昭和の力士のような風貌
でも新入幕なので
先に手をついて待っていなければいけないと思います。
相手が先に手をついてそれを上から見下ろすのは
番付の上位のすることです。
最高位の白鵬が角俵に足を掛けるのも
私はイヤなのですが
どうして一挙手一投足褒める人の方が多いのか?
もう理解に苦しみます!!
理解に苦しむのは
千代の国の花道パラパラダンス(@_@;)
変なルーティーン作ったな・・・

本場所のテレビ中継は初日と千秋楽は
北の富士勝昭さんと舞の海秀平さんで
くるくる舞の海はどうでもよいのですが
北の富士さんの解説というかボヤキが大好きで
これもまた本場所の訪れと終わりを告げる風物詩!

またあっという間に初場所となります。
もう朝行けばチケットが買えるようなガラ~ンとした
大相撲氷河期ではなくなってしまいました。
チケットが手に入りにくくなり
身近ではなくなってしまいましたが
テレビ観戦(しかも録画なのでタイムラグあり)で
熱く熱く熱苦しく応援します!
(チケットは二千円台からあるので
決して高いものでもないのですよ?)
by erinberryjam | 2016-11-27 23:59 | 大相撲 | Comments(2)

カド番

豪太郎にビックリ!
大穴もいいところで
まさかまさかのカド番からの優勝(◎-◎;)
誰が彼の優勝を予測できたでしょう?
母真弓さんくらいではないでしょうか?
カド番というのは大関は優勝争いをする地位でもあるので
負け越す(8敗以上)と次の場所にはカド番大関と呼ばれます。
そのカド番の場所で再び負け越すならば陥落!
関脇となり二桁勝てば元の地位に戻れるルール・・・
把瑠都は怪我もあり十両まで番付を落として引退してしまいました。
その把瑠都が夕べ総合格闘技の試合に出てましたよ!?
そう・・・そのカド番を経験する大関というのは怪我をしているか
力が劣ったかと見られて当然なわけです。
豪太郎・・・来場所真価が問われますね!
四日目にわんぱく相撲時代の豪太郎少年のインタビューも出ましたね?
かわいいというか変わらなすぎて吹き出しました( ´艸`)

ちなみにカド番が適応されるのは大関のみ!
関脇以下は番付が負け越せば下がるし
勝ち越せば上がります。
横綱は優勝に絡めなくなったら・・・引退(´д`)

イケメン(といわれている)隠岐の海が序盤6連勝で
二横綱三大関に土を付け豪栄道に負けるまでいい調子でした。
豪栄道に負けてから御獄海には勝てたものの
その後の5連敗もビックリ!どうしたん?
もう1人のイケメン(といわれている)遠藤が
本来の遠藤らしさが戻ってきたようですね!
そろそろ上位を脅かしておやりなさい!

五日目に元時天空の間垣親方が向正面の解説でした。
引退は寂しいけれど
時天空の動向がメディアに上がってこなさすぎて
生きていてくれさえすればいいとまで思っていた矢先の引退・・・
力士の食生活ではガン細胞が減るどころか
殖えていきそうな気がしたので
ちょっとホッとしています。
ゴルフのキャディーをしている私の妹の話だと
ラウンドの後も帰るまで元気だしひょうきんだったとのこと。
その日のラウンドは時天空・朝赤龍・鶴竜・・・
時天空と朝赤龍は子供の頃同じ柔道場に通っていたようです。
あ~朝青龍も!
鶴竜・・・いつもパッとしないけど
今場所はいつも以上にパッとしなかったじゃないの~ヽ(`Д´#)ノ

こっちの目が治ってはあっちの目が・・・
といつもマンガのように目が青く腫れている嘉風は
気っぷのいい相撲の割に負け越し・・・やっぱり見えてないのかしら?
でも年齢を感じさせずファンを熱くさせる嘉風相撲は好きですね~

玉鷲も地味に白星を延ばしましたし
御獄海や琴勇輝もですが平幕が面白い場所になりました。
白鵬には来場所も休場していただきたいかな~


月1~2回水曜日に手話の講座を受講していて
今週28日(水)に前期が終了するのですが
後期も申し込んでしまい
今年度月に1~2回水曜日に臨時休業致しますm(_ _)m
スミマセン・・・
by erinberryjam | 2016-09-26 20:22 | 大相撲 | Comments(4)

がぶり寄り

琴奨菊・・・やりましたね!!
「がぶれ!琴奨菊!!」
「がぶってがぶってがぶりまくれ~」の連日の横断幕
がぶり寄りが得意の琴奨菊への応援
ずいぶん前に琴奨菊をネット上でガブリエルと呼んでいるファンが・・・
『がぶり寄り』とは琴奨菊の代名詞になっているいますが
これは決まり手の名前ではないのです。
NHKアナウンサー風に言うと
「琴奨菊がぶる!がぶる!琴奨菊がぶって寄り切り~~!」
と決まり手は『寄り切り』
「琴奨菊がぶって引き落とし~~!」の場合もあるかもしれません。
「琴奨菊がぶる!がぶる!あっと土俵際うっちゃり~~!」とか?
もうわからなくて結構です┏○ペコッ

何はともあれ琴奨菊は頑張りました。
何でしょうね~
インタビューを安心して聞いていられるという日本人の良さ!
空気の読み方が一緒なのでしょうね~
日本人日本人というとアレなんですが・・・by NHKアナウンサー
NHKのアナウンサーが『アレ』って(笑)
でもこんなブログでさえ「外国人差別か!?」などという
抗議コメントがたまにあるのですよ(-_-;)
こちとら鶴竜ファンじゃぁ~ヽ(`Д´#)ノ
その鶴竜今場所いいとこなし!
鶴竜のおらが相撲道というのは
横綱であっても勝てば何してもよし!的なところが・・・
ったく冷めるわ(`ε´)
鶴竜だけではなく白鵬も日馬富士も呆気ない相撲が多かったですね~
白鵬は栃煌山に個人的な感情があるのでしょうか?
先場所の猫騙しに続き相手の目を覆い隠すような立ち会い・・・
お前もか(勝てば何しても的)?
三横綱大相撲を見せてくれ!!
千秋楽の結びが一番盛り上がらないって両横綱には屈辱でしょうね?

それにしても怪我とインフルエンザの欠場や
ハプニングが多い場所でした。
代わる代わる力士も審判の親方も行司も・・・(´Д`)
雪の影響で力士が国技館に到着できず
取組の順番を変えてもらうなんてこともあったようです。

それよりも何よりも気が気でなかったのは時天空の悪性リンパ腫です。
髪が抜け落ちようが体力が低下しようが年長になろうが(現在36歳)
もう一度土俵で内掛けや外掛けなどの足技を見せてほしい!

その他怪我をしているとしか思えない妙義龍や豪栄道
場所中に怪我をしてしまった勢には
来場所御当所力士として大阪を盛り上げてほしい!

注目の遠藤や照ノ富士も戻って来てほしい!

琴奨菊は綱取りの話には至ってないかもしれないけれど
一応綱取りあられを15日分買って応援します。
願掛けとかおまじないには興味がないので
ただ食べたいだけの綱取りあられですが
『食べて応援』です。←意味が違うか(;¬_¬)
by erinberryjam | 2016-01-25 17:59 | 大相撲 | Comments(2)