ラーメンエース&Cafe Amnos 自営業備忘録
by erinberryjam
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
ラーメン屋
カフェ
旅行
多摩
教会
大相撲
介護
食品の秘密
未分類
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
フォロー中のブログ
lilac_cottage
つみつみ
grace
Lene cafe つうしん
あしげんち
最新のコメント
Aruさん 毎度ありが..
by erinberryjam at 22:51
二回いただきました。昨年..
by Aru at 23:37
ZATSUさん コメン..
by erinberryjam at 21:00
先日はどうもでした♪ ..
by ZATSU at 20:32
Areさん わ〜!カー..
by erinberryjam at 12:22
ご無沙汰してすみません。..
by Aru at 08:27
Aru さん はい…ち..
by erinberryjam at 21:52
2チョイスに対して大丈夫..
by Aru at 23:49
ラーメン五郎丸さん は..
by erinberryjam at 23:25
ラーメン五郎丸さん 私..
by erinberryjam at 13:28
メモ帳
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusha..
venussome.com
from venussome.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ボーダーシャツのお一人様
at 2017-10-11 14:42
栗シーズン
at 2017-09-24 22:37
古伊万里宮殿
at 2017-09-18 04:08
小人ハント
at 2017-09-17 23:20
萌え死
at 2017-09-15 14:28
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
旅行・お出かけ
レストラン・飲食店
画像一覧

脈々と受け継がれるプロテスタント信仰

ベルリンからポーランドのヴロツワフにバスが出てました。
そのヴロツワフ(Wrocław)
ドイツ語ではブレスラウで英語ではウォクロウ
切符を買いに行った時に通じなくて
綴り方調べて出直してきます!って
1度目は窓口で通じなかったのですよね…
今日はすでにボレスワヴィエツ(Bolesławiec)に入りましたが
これもドイツで出会ったおばさまとおしゃべりしていたら
ブンツラウって言ってくれた方が私にはわかりやすいわ〜
あの陶器もブンツラウ
あの柄もブンツラウって言うのよ〜
ドイツではブンツラウ!とのこと。
ドイツでしたからね…第二次大戦まで
ヴロツワフから60キロ離れたシフィドニツァと
同じくヴロツワフから50キロ離れたヤヴォルという街に
プロテスタントの木造教会を見に行きました。
まぁアクセスが悪くてですね…k
ドイツでは私がカタコトでもドイツ語を話すまで
誰も私にはドイツ語を使わず英語ばかり
それがポーランドに入った途端
英語はダメだドイツ語は話せなのか!?と…
ドイツ人があんなに英語を話すもんだから
身につかなかったわけですよ…10年前ですけど

さてカトリック95%のこの国で
360年脈々とプロテスタント信仰が守られてきたと
しかも教会堂は塔や鐘を建てない(目立たせない)
攻撃を真っ先に受けやすく城壁の外に立てる
木造・粘土・藁など朽ちやすい素材で建てる
一年以内に完成させる…ムチャな〜〜(ノ_<)
それがどうです!?
e0239312_04574732.jpg
ここまで街の中心から歩くんです。
城壁の外ってくらいですし
言葉は通じないし心細くなるくらい
それが一歩教会に入ると
どのご案内が良いですか?と聞かれ
あってもポーランド語・ドイツ語・英語だろうと思って
英語で!とお願いすると
日本語だといかがですか?とのこと
アンケートか?と思って
日本語があればなお良いですね!と答えると
束になった翻訳から日本語をサッと抜き取り
手渡してくださったのです。
しかしここでも100%ニーハオと言われる私は
初めて日本語ではいかがですか?って
今でも心の中でこだまします!!
中のフレスコ画とか像なんかも凄いんです。
写真撮影禁止だったのですが
ヤヴォルの方はお金を払うと撮影できました。
シフィドニツァからヤヴォルへのアクセスが大変でしたけど…
e0239312_05273622.jpg
外中総合的に完成度が高かったのはシフィドニツァでした。
こちらのヤヴォルでも日本人か?と聞かれ
はいそうです。
と翻訳された紙でも出てくるのかな〜と待っていると
教会中に響くスピーカーでその歴史を流してくれました。
e0239312_05323597.jpg
ユネスコ世界遺産に登録されているのですが
これが信徒たちの喜びだったのだろうと思います。
駅から案内看板もなく
突如教会内では世界各国の言葉で紹介され
この空回りっぷりがクリスチャンの私にはよくわかります。

宗教改革500年の今年
ドイツやポーランドの教会を回ることができて
本当に幸せでした!!
もちろん普段行かないカトリック教会も
こういう機会に行くと
キリスト像がすごく心に訴えてきます。
プロテスタント教会にはキリスト像がないんです。
偶像礼拝になりかねないからだと思いますが…
でもイエスさまの
あなたのためではなかったか?という声が聞こえてきそうで
わたしが十字架にかかったのはあなたのためではなかったか?と…
こうべを垂れただただ
あなたにお従いします!と祈りました。

途中から行が白くなって戻せないので
このままアップします。

[PR]
# by erinberryjam | 2017-08-09 05:57 | 旅行 | Comments(0)

ベルリンあちこち

あっちでフリーマーケットがあると聞けばあっちへ
こっちでフリーマーケットがあると聞けばこっちへ
まぁ〜4ヶ所ほど回って
こんなにも残念な結果だったとは…
収穫ゼロ!!
e0239312_01182943.jpg
確かに楽しいしワクワクするのですが
買うほど欲しいというわけでもなく…
それでいて世界各国のものが売られている感じ
これは以前私が聞いていた話と違うのですよ!
古いものを大事に使う人たちだから
東ドイツものがわんさか!!っていうイメージ…
だったのですが…
ただのワールドマーケットと化してしまって
古いものを置いているカフェでそれとなく
フリーマーケットって昔からあんな感じなんですか?
なんかイメージと違ってて…というと
随分変わってしまって
ここにあるものは全てフリーマーケットで買ったもの…
とのこと…やっぱりか〜(ノ_<)
インド系・モロッコ系の
雰囲気のオーナーさんが多かったかな?
街には中東移民も多いので溶け込んでいて
それはそれで新しいベルリンなのだと思うのですが
私が欲しいものはありませんでした。

実はドイツは私のイメージでは
一番人種に対する差別をタブーとしている国でした。
ナチの反省からそのような教育がなされているという感じ
でも電車の中の落書きに
『モスリムはもうたくさん』というのを見つけてしまったり
私はしつこく「ミャーオ、おいミャーオ!!」
「わからないのかよ!ミャーオ!!」と言われたり
東洋人はみんなミャーオミャーオ言ってるように
彼らは聞こえるみたいです。
差別が見える形になってきているのは意外でした。
いつだってどこでだって差別がある…
悲しいですけど私の経験はそうです。
こうしてユダヤ人に思いを寄せるってこともできたかな〜
今はシリアなどの難民か…
来年イスラエル建国70年です。
まだ70年経ってないのですよね〜!?
それまで流浪の民としてヨーロッパ中に散らされ
彼らの民族性から現地に溶け込もうとしないことが
差別の対象になって排除へとエスカレートしたのですよね?
e0239312_02074101.jpg
ザクセンハウゼン強制収容所に行きました。
ここに行く電車の中で
『モスリムはもうたくさん』という落書きを
見つけてしまったので落ち込みました…
シリアの方々よくドイツ語も身につけて
私から見るとすごいな〜がんばってるな〜と…
e0239312_02192429.jpg
あら…随分小さい(u_u)
『ベルリン天使の詩』
地下鉄のテレビで現在のブルーノ・ガンツが映って
お年を召されていてビックリ!!
『ヒトラー最期の12日間』のヒトラー役の方です。
すごいハマリ役でしたね!?
日本映画にもお出になりましたよね?
大好きな俳優さんです。
最近積極的に映画を観に行ってないので
ブルーノ・ガンツ情報があったら教えてください。
ブランデンブルグ門からすぐのように見えて
歩き始めたら意外と遠かった…ヴィクトリア像
e0239312_02314135.jpg
ベルリンで好きだな〜と思った場所は
この聖ニコライ教会の辺り…都会のオアシスって感じで
ここを中心にベルリンは築かれていったらしいです。
昔の中心はやっぱり教会堂なんだな〜
e0239312_02390366.jpg
存在感だけは凄いベルリン大聖堂
だけは…なんて言っちゃいけませんね!
e0239312_02453292.jpg


戦争の悲惨さをそのまま残すヴィルヘルム皇帝記念教会
[PR]
# by erinberryjam | 2017-08-08 02:59 | 旅行 | Comments(0)

ベルリンの壁

ドイツのフランス寄りの田舎町で一冬過ごしたことがある…
以前から何度か書いているネタですが
その頃から10年以上経っています。
その頃はベルリンの壁が崩壊して15年で
東西の経済格差が問題になっていました。
そして働くことがお金になるのだというのを
体得していない東側の人に対して
西側の人は
「ベルリンに前よりも高い壁を作れ!!」と…
何度もそんな話を聞きました。
そのベルリンの壁の前に自分が立っていることの不思議!
e0239312_02231003.jpg
一番有名な絵となった
ソビエト連邦のブレジネフと東ドイツのホーネッカーの接吻
でもこれ本当に新聞記事で写真を見ましたから
皮肉というより当時の関係が浮き彫りになった象徴的な出来事
チェックポイントチャーリーという博物館に
その写真が飾られています。
ただ日が暮れる頃に行ってしまって
あまりちゃんと読まずに回ってしまったので
今思うと後悔…
e0239312_02441294.jpg
東西ベルリンを分けていた国境検問所
チェックポイントチャーリー
(私が立っている後ろに博物館があります。)
e0239312_02580757.jpg
ベルリンの壁があった場所には
プレートが埋められています。

e0239312_02563856.jpg
車の横まで回るとベルリンの壁はまだあります。
e0239312_03074327.jpg
この場所はテロのトポグラフィーというエキシビジョンで
視覚資料がたくさんあって衝撃的でした。
一度にあんなに人が殺されるシーンを見るのは初めてで
銃殺刑・絞殺刑と動画が上映されています。
人は加害者にも被害者にもなる可能性があるということを
よく表している展示で
個人的にはとてもオススメです。
今は疎遠になってしまいましたが
フランス寄りの田舎町の友人で
ベルリンの壁が崩壊する時に
西ドイツの軍隊にいたそうです。
そしてただならぬ事が起こりそうだという理由から
脱走を計画していたとのこと。
ちなみにその人のことでもう1つ鮮明な記憶が…
おじいさまがナチのSSという親衛隊で
終戦が色濃くなってきた頃に自殺したそうです。
今日はポーランドのクラクフの
ジューイッシュクオーターで
(ゲットーなどがあった場所で
シンドラーのリストの
シンドラーのホーロー工場があったところ)
フリーマーケットがあり
ナチの紋章やSSのバッジやリングが売られていて
こんなところで!?と複雑な気持ちがしました。
そう今はポーランドにおりますが
もう1つくらいドイツの記事を書こうかな?
ドイツの目的はそれこそフリーマーケットでしたので!
始めに少し触れましたが
旧東ドイツの人って今でも働かない人が多いのか?
なんか昼間っからお酒を飲んで
人にお金をせびって…
そんな光景をよく見ました。
またベルリンの同じ宿に戻ります。
はぁ〜あ…治安悪っ
次に来るとしたら西ベルリン側にしよう!



[PR]
# by erinberryjam | 2017-08-07 03:41 | 旅行 | Comments(0)

ハ・ラ・ショー

香港を出発する頃には
『謝々』(ありがとう)の手話が自然に出るようになって
モスクワでつい出そうになってしまったりして…
言葉が何1つわからない!!
でも必ず誰かが助けてくれる国
モスクワでロシアという国の優しさを知りました。
この国でWi-Fiのつなぎ方を
ロシア語の紙切れでもらいましたが
ついに1週間つながりませんでした。
e0239312_01331369.jpg
さてここでの目的はマトリョーシカ
家にもお店にもマトリョーシカを飾るほど好きで
でもたくさんある中から選びたいな〜と思って
今回途中降機してヴェルニサージュという民芸品市場に
e0239312_01404478.jpg
遊園地のようで可愛いんです。
同部屋の女の子がモスクワの大学を卒業したててで
ヴェルニサージュなんて高いじゃん!?
なんてアドバイスしてくれたのですが
可愛いモノは大体こういうところに集まってくるのだと
すでに色々見て知っていたので…でも高い!!
同部屋の女の子は就活でホステル暮らしだったのですが
なんと私がいる間に就職が決まりました!
もう一ヶ所も高いところで赤の広場からすぐの
アルバート通り…土産物通りです。
e0239312_01474965.jpg
ちょっとわかりにくいのですがショーウィンドウも
可愛いく飾られてます。
ここで顔めがけて咳き込まれ翌日からみるみる体調不良に…
数ヶ月カレーばっかり食べていたおかげで
ちょっと寝たくらいでは回復せず
使わないだろうと思っていたけど折角だからと
カバンに入れておいた知人のロシア語指差し会話本が
薬局で私の症状を訴えてくれました!!
「頭が痛いです。」「喉が痛いです。」「食欲がありません。」
そして部屋の子にもアレがよく効くとアドバイスされた
薬のメモを見せて無事購入
ゆっくり回復していきました。
宿はウクライナやサハリンなどの出稼ぎ労働者などもいて
サハリンのおばあちゃまが
「良い天気ね〜!気持ちがいい!!」と言ったお顔が
少女のようでステキでした。
言葉はわからないのですが青空を指差して
ゆっくり「ハ・ラ・ショー!」といって
胸に手を当てて深呼吸する様子が可愛らしかったです。
結局ハラショーとスパスィーバ(ありがとう)だけしか
身につかず…でもロシア人の優しさだけはいっぱい受けて
ロシアはいい思い出だけが残ってくれました。
珍事件といえば
私は旅行先ではキャッシュカードを使うのですが
提携しているATMが見つからず
やむなくあまり使わないクレジットカードを使うと
ロシア語も読めないのも手伝って
何度か暗証番号を入力してしまって
カードが使えなくなってしまいました。
ユーロを持っていたのでそこから両替して使いましたが
実は日本円は使わないだろうと
手持ちは一万円を下回っていました。
怖〜〜!!
野垂れ死ぬとこだったわ!!
珍事件は意識も朦朧としていたのでまだあります。
50~60キロ離れたセルギエフポサードというところに
マトリョーシカ博物館があって
一泊で出かけたのですが
カメラ的なものを全て宿に忘れてしまって
しっかり充電してコードだけは巻き取って
本体を置いてきてしまいました。
それもエマージェンシーエマージェンシーと騒いで
同じバスの同乗者に宿に電話してもらって
ちゃんとセキュリティ室でお預かりしますと
取り次いでもらったりして…
結局写真を撮る目的で後日日帰り旅行しました。
e0239312_02200374.jpg
e0239312_02233955.jpg
7月の下旬…東京の5月のような陽気で
からりとして草花の芽吹く季節
人もとびっきり親切で人懐っこい笑顔を見せてくる
そんなステキなロシアにまた来たいか?と問われれば
ん〜〜と悩んでしまう…
それくらい言葉に苦労した旅でした。
通じないとはこんなにも人を凹ませるのかと…
e0239312_02443723.jpg
夜の9時を過ぎてもこの明るさ!!
あ〜まだ起きてていいんだ〜〜!という安心感!!
赤の広場のグムという百貨店
百貨店だけでなく物価は日本より高く感じました。
出稼ぎの方で中央アジアの方々が
観光で中国の方々が
というわけでアジア系の顔立ちの私は溶け込めてます。

[PR]
# by erinberryjam | 2017-08-06 02:56 | 旅行 | Comments(0)

アロハ=夫婦=6

エラく久しぶりになってしまいましたが
Wi-Fiに苦労してました…
この旅行は7月半ば過ぎに香港から始まり
モスクワ・ベルリンと移動して
ポーランドに入国
ヴロツワフ・クラクフとやって来ました。
今日はアウシュヴィッツに行って来たのですが
それはまたの機会に書きます。
それに3年前にも記事にしてますしね…

香港はアジアろうあ宣教大会というカンファレンスに
出席させていただいたのですが
なぜ聞こえる私が?
なぜ一般信徒の私が?
自問自答しながらもトントン拍子で行くことになって
行くことにしたのはいいのですが
深夜発早朝着のLCCで香港に着いたので
誰も迎えがなく自力で会場に行ったので
高校の時からの30年来の友人の顔を見たときは
ホッとしすぎて素っ転びそうになりました。
彼は実行委員でもあって
大会中はASLといってアメリカ手話と
日本の手話の通訳をしてました。
香港の教会の方が半日観光に連れて行ってくださって
バス代をお一人が立て替えてくださったので
友人にバス代いくら?とすっかり頼り切って尋ねると
親指と小指を立ててアロハ〜みたいなサインで
香港の方に確認していました。
なんとこの手話日本の手話では『夫婦』で
あんたちょっと何言ってんのよ〜〜!と思ったら
香港の手話で『6』でした…
6ドルだって〜と彼が言うので
1人赤面しかけて堪えました。
e0239312_04534021.jpg
e0239312_05073234.jpg
お堂のような教会
文化大革命の時にスカンジナビアの宣教団体が
中国から香港に移ってここを教会堂にしたのだそうです。

[PR]
# by erinberryjam | 2017-08-05 05:13 | 旅行 | Comments(0)