ラーメンエース&Cafe Amnos 自営業備忘録
by erinberryjam
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
ラーメン屋
カフェ
旅行
多摩
教会
大相撲
介護
食品の秘密
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
フォロー中のブログ
lilac_cottage
つみつみ
grace
Lene cafe つうしん
あしげんち
最新のコメント
Aruさん コメントあ..
by erinberryjam at 15:37
ハロウィンは悪趣味、その..
by Aru at 01:32
Aruさん 毎度ありが..
by erinberryjam at 22:51
二回いただきました。昨年..
by Aru at 23:37
ZATSUさん コメン..
by erinberryjam at 21:00
先日はどうもでした♪ ..
by ZATSU at 20:32
Areさん わ〜!カー..
by erinberryjam at 12:22
ご無沙汰してすみません。..
by Aru at 08:27
Aru さん はい…ち..
by erinberryjam at 21:52
2チョイスに対して大丈夫..
by Aru at 23:49
メモ帳
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusha..
venussome.com
from venussome.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
カンボジア近代史のタブー
at 2017-11-22 00:58
うちのソユーズ
at 2017-11-12 18:25
晩秋の緑の中のコーヒータイム
at 2017-11-11 15:17
ワンコイン
at 2017-11-04 16:19
ルター父さんの宗教改革
at 2017-10-31 00:07
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
旅行・お出かけ
レストラン・飲食店
画像一覧

<   2017年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧

1つの茶葉から七変化

帰国して風邪かな…?と思ったら
自分が秋の花粉症だということを忘れていました。
喉の痒みでそれとわかったのですが
もう秋なのですね〜シミジミ…
e0239312_14591954.jpg
ポットとカップとグラス
このハーブティーは全て同じハーブなのです!!
これが私の秋の花粉症を穏やかにしてくれました。
時間が経つと…
ちょっと減っているのは見逃していただいて
e0239312_15022822.jpg
ポットの方は緑がかってきました。
グラスの方はステンレスポットのあまりを足したら紫に!
カップの方はですね〜
これはレモン果汁を注ぐとリトマス紙のように変色するのです。
ポーランドで仕入れたマロウです。
喉や胃の粘膜を保護してくれたり
気管などにもよいとのことなので
呼吸器系の症状とか?でしょうかね〜
すぐ変色するので
お湯を持ってお客様のお席で入れることにしました。
昨日来てくれた3人組の学生さんの2人が風邪ひきさんで
1つはエキナセアが入ったブレンドと
もう1つはマロウが入ったブレンドをお出しし
色の変化を楽しんでくれたようで盛り上がっていて
「体調はどお?」と帰り際に聞くと
「風邪のこと忘れてた〜!いい診療所見つけたわ〜」笑
ハーブティーだけではなくて
リラックスしたり楽しくお喋りしたことも
効果的だったのだと思いますがちょっと嬉しかったです。
e0239312_15140233.jpg
ボレスワヴィエツのカップも店内を彩っています。
ポーランド…素敵な国でした〜〜!!
旅記事をもっと書きたいのですが
色々と抱え込んでしまって…
(思い悩んでいるという意味ではないです。)
ちょっとずつちょっとずつ…





[PR]
by erinberryjam | 2017-08-30 15:42 | カフェ | Comments(0)

かぶってなかった〜

ラーメンエースは告知の通り
本日はお休みです。
同級生とキャンプに行きましたよ〜

私はよくベレー帽をかぶっているのですが
たまにお客様とかぶることがあります。
お店のコンセプトが弊店と似てるな〜と
いつか行きたいな〜と思うと
営業時間もかぶってる…というお店は結構ありまして
やっと行けたのがオーガニックカフェKOTO KOTOさん
e0239312_15364814.jpg
西多摩郡日の出町平井226-5
042-588-5920
11:30-15:30(14:30LO)
定休日/日・月曜日、夏期休暇、年末年始、ほか
結構かぶってる…
店主の女性がベレー帽かぶってました。
あっぶね〜それもかぶるところだった…
酵素玄米とかマクロビオティックとかは
全くかぶっていないのですが興味津々!!
e0239312_15453664.jpg
ランチプレート(¥1080)この日は車麩のフライとラタトゥーユ
酵素玄米は小豆と一緒に圧力鍋で炊いて
3日置いて(1日1回かき混ぜるそうです。)
提供されるのだそうで
つまりこれは3日前のご飯…
でも凄くモチモチで美味しい〜!!
酵素玄米ってこういうお味なんだ…
e0239312_20254267.jpg
ベジチョコケーキとオーガニックコーヒーを
それぞれ¥216で付けられます。
ケーキにドライフルーツが入っていて
ベジ感はわからなかったのですが
上の豆乳のムースが美味しい〜!
食後のほっこりタイムだ…
ケーキのベジ部分を尋ねようと思ったのに
帰り際「やっと夏休みを利用して来られました!」
何アピールだよ!!
ベジ聞けよ〜〜!
また行ける日を夢見て…



[PR]
by erinberryjam | 2017-08-26 21:16 | カフェ | Comments(0)

トマト三昧

e0239312_00443453.jpg
香港の人気店のトマトラーメンです。
excite翻訳では日本語にない漢字が出てくれなかったので
英語の方の商品名を書きますと
Tomato & shredded pork with pickled vegetables
シュレッドポークと酢漬野菜のトマトラーメン
ってところでしょうか!?
その酢漬野菜というのがザーサイでした。
麺が『出前一丁』の即席麺かマカロニを選べるという仕組み
香港で『出前一丁』超人気なんですよ〜
でもですよ!?
お金払って即席麺って…という頭があって
帰国したら絶対
日の出のモール内のトマトの花さんに行ってやる〜〜
ガルルル〜〜ッ!と心に決めてたのです。
夫のラーメンも食べましたよ!
担々麺汁なしという限定を販売中ですが
初めて食べました!←今頃…
e0239312_01010693.jpg
冷やし麺フェアーなるものをやっていて
冷やしアメーラ麺(¥918)を注文しました。
e0239312_01075345.jpg
美味しかったですよ〜
やっぱりトマトの麺には細麺が合いますね!
カッペリーニっぽくていいわ!!
でもやっぱり温かいトマトのスープを飲み干したい!!
何を血迷って冷やしなんかに…と自分を責め
翌日…ジェノベーゼつけ麺(¥680)にリゾットご飯(¥220)を注文
e0239312_01132555.jpg
ジェノベーゼのバジル感はチョット弱い感じがしましたが
(家からバジル持参で行きたかったのにまんまと忘れました。)
温まる〜〜!
夏は身体は熱くても内臓は冷えてることがあるのですよ!?
私…年甲斐もなく…香港で…
ファンタをがぶ飲みしてしまい
こういうの飲めるんだ〜と自分で知ってしまったので
帰国してからも
お茶 に氷を入れて飲んだりして
胃腸に負担をかけてるせいか温かいトマトのスープが沁みる〜
リゾットはもう熱々でないスープをかけるので
チーズが重たく感じますが
それでも美味しかった〜〜
旅の間緑黄色野菜も足りてなかったので
一気に補ちゃった感じで良かった良かった〜!!

フードコートなのですが侮れない味だし
フードコートゆえにリーズナブル!
ヨーロッパの物価は高かったし
香港は美味しいお店はそれなりの値段だしで
日本って安くたって美味しいものがたくさんあって幸せ!
『出前一丁』も日本の安い食べ物か…

[PR]
by erinberryjam | 2017-08-26 01:50 | ラーメン屋 | Comments(0)

父の香港ドル

ラーメンエースは今日から
カフェアムノスは来週月曜日から
営業再開致します。
ご不便お掛け致しましたm(_ _)m

ひと月ぶりに帰ったら家が黴びてました…( ̄◇ ̄;)
大掃除に草むしり
ヨーロッパ人で夏は避暑地で過ごすような人たちって
ハウスキーパーとかがいるのでしょうね〜
身の丈にあった旅行をしないと
家が黴びるという仕打ちを受け
旅の余韻に浸って実家の父のアルバムを見ると…
e0239312_00385420.jpg
e0239312_00392077.jpg
奇跡のコラボ!!とか言って
今も昔も観光地だったのか…でも
観光客少なっ!!(父の方)
父は50年前に船で香港に行ったそうで
その時のイギリス領時代の香港ドルを
今回持って行ってました。
銀行で現在の香港ドルに変えて
友人との食事代に当てました。
日本人ろう者で中国人と結婚した友人と
彼女の香港に住むろう者の友人です。
ろう者だった父の遺してくれた香港ドルが
こんな形で使われるなんて父も喜ぶに違いない!
飲茶の老舗に行った私たちとは別に
夫は諦め切れないのか九龍城塞跡に行ってかつての
城塞のスゴさを少しでも見てこようと思ったのでしょう…
こんなもんじゃない!のでしょうが
少し九龍城の雰囲気を感じる…
と勝手に思った建物を紹介します。
e0239312_01012458.jpg
一階が商店でそこを抜けると…
e0239312_01104095.jpg
いい感じ〜!
日本や中国の観光客はきっと
ブランドショップや香港のグルメを楽しむのでしょう
私たち夫婦は素の香港が垣間見える瞬間や
時が止まったような建物が好きで
どこが一番楽しかったかと夫に聞くと
生きた鶏や蛙などが並ぶ市場が楽しかったと…
私も同じで
それプラス友人との時間も素晴らしいものでした。
香港の手話はまるでわからないのですが
それでもいくつか単語を覚えたので
会話が成立する瞬間がたまらなく楽しかったです。
父はこんな経験してたのか…
と父を一番意識した旅行になりました。
e0239312_01281310.jpg
全く似てないのですが香港旅行中の父です。
鼻も口も耳も大きいのですが特に手が大きく
父の手話は格好良かったと今更ながら思います。
生きていたら父の前で
覚えたての『謝々』をやって見せたかった…
お父さん香港ドル…美味しく使わせてもらいました。謝々!!

[PR]
by erinberryjam | 2017-08-21 01:42 | 旅行 | Comments(0)

夫と合流…そして

ポーランドのボレスワヴィエツから
ドイツのドレスデンに2時間ほどで行けるので
そちらに抜けて2泊
ドレスデンからベルリンに移動して1泊
そこから香港に飛んで夫と待ち合わせました。
香港に行ったことある方はご存知ですが
香港への入国は
パスポートに直接スタンプが押されるのではなく
紙切れにスタンプを押したものが
ペラ〜ンとパスポートに挟まって帰ってくるので
ドイツから出国する時に
「香港から来たことになってますけど…
証明するものはありますか?」と言われ
紙切れを渡すと「え?何これ!?」みたいな反応
「香港に住んでいらっしゃるの?」と聞かれ
何日か過ごしてから別のフライトで日本に帰る旨を伝え
やっとチケットを発券してくださって
なんなんだ…この香港のシステムは!?

ひと月ぶりに会う夫…嬉しかったですね〜〜
張り切ってタンクトップで来てしまった夫は
飛行機ですっかり冷えて風邪をひいてしまい
私の最強ロシア風邪薬が役に立ちました。
宿泊は狙った訳でもないのに
重慶大厦(チョンキンマンション)
e0239312_09334446.jpg
朝はしばし静けさが漂いますが
朝から体をひさぐ女性が男性に声をかける姿も…
e0239312_09484952.jpg
1階のつながったフロアーからは
うかがい知ることができなかった
何棟かがひしめき合って建つ重慶大厦
e0239312_09553376.jpg
早朝脇の路地を入ってみるとなかなかの悪臭
そしてその先には
e0239312_10035484.jpg
大きく垂れ下がった剥き出しの配線…
e0239312_00165838.jpg
スゴイ!iPadで『ちょんきん』まで入れれば
重慶大厦と出てくれる有名スポット…
実はNHKの『72時間』という番組で
取り上げられたほどカオスなスポットで
1階は両替などのテナント
上階はいろんな会社のホテルがひしめき合ってます。
狙った訳ではないというのは
九龍城砦(クーロンジョウサイ)が今でもあれば
夫婦揃って見てみたいと思っていたくらい
そちらの方は増築に増築を重ねた
超巨大スラム街で香港が中国に変換される際に
取り壊され移住を余儀なくされた人たちが集まったのが
重慶大厦とのこと…
なかなかのスラムっぷりです。

今日はマカオにもフェリーで行って来たのですが
そちらも一度出国して再入国することになるので
紙切れの入国スタンプが
先月初めて降り立った日と
昨日と今日とでパラパラいっぱいに…
e0239312_00391666.jpg
『ギュツラフ訳聖書・ヨハネの福音書』というのがありまして
日本語に訳された最初の聖書になるのですが
これを史実に基づいたフィクションで書いたのが
『海嶺』という三浦綾子の小説で
小説の表紙にこのセントポール天主堂跡が描かれていたので
思いを馳せたくて行って来ました。
翻訳作業を手伝ったのは尾張から江戸に向かう途中で
漂流しシアトルのあたりで先住民の奴隷となり
物々交換などで白人に保護され
対江戸幕府の交渉に使われる予定が二転三転
帰国の道も絶たれ生涯を彼の地で終えた3人がいたのでした。

マカオはポルトガル領だったそうなので
フェリーを降りたらもうすぐ
広東語とポルトガル語の表記だらけ!
私たち夫婦にわかる言葉はありません…
e0239312_00565231.jpg
アヴェニード?アヴェニューなのでしょうね〜
このタイル文化も私の好みでした!!
e0239312_00584059.jpg
あ〜ステキ〜〜!!
e0239312_01010868.jpg
評判の麺は並んでますよ〜!
夫はコレが目的ですから…
日式といって日本風のラーメンなどは高くて
サービスチャージなども取られ¥1300くらい…
ここでもメインランドチャイナマネーが動いてます。
日本人観光客なんてほんの一握りに見えます。
さて折角夫と合流しましたが
またちょっと別行動もします。
新婚旅行で現地解散した夫婦ですからよくあることでして…笑笑

[PR]
by erinberryjam | 2017-08-16 01:18 | 旅行 | Comments(0)

ボレスワヴィエツ/祭りの前の静寂

e0239312_03181802.jpg
ボレスワヴィエツ、ドイツ人の言うブンツラウです。
街も陶器も伝統模様もブンツラウ…だそうです。
e0239312_03202994.jpg
伝統模様はいくつかあり全ての工房が使えます。
でも工房によって特徴はそれぞれあります。
例えば上のボレスワヴィエツ社の看板だと
カップのモスキート(バタフライという人も)
と看板の縁のピーコック
弊店でも見覚えまりますでしょ?
e0239312_03241740.jpg
こちらはマニファクトゥーラ社
どこも店の看板は焼き物(タイル)です。
良かったらズームして見てくださいね!
凄い出来でしょ!?
3年前ボレスワヴィエツの陶器市に行ったのですが
今年の陶器市は来週からで
私は一足先に静かな街でのんびり買い付けです。
e0239312_03574135.jpg
ちょっとずつ設営が始まってます。
来週は人でギッシリ埋まります。
工場見学も申し込んだのですが朝一だったせいか
私1人で贅沢に回らせていただきました。
私もこのところ「おはよう」と「ありがとう」は
ポーランド語で言えるようになったので
各セクションで言うと全員から返事が返って来て
感激の極みでした!!
ただでさえニヤニヤとウルウルの繰り返しだったのに…
e0239312_04392448.jpg
このピンク色が鮮やかな紺碧に変わります。
中学校の修学旅行で京都の清水焼絵付体験をしたのですが
その際もなんでこの色が焼き上がると紺に?と…
不思議ですよね〜!?
e0239312_04534171.jpg
UNIKAT(ウニカット)の職人さんです。
全体の1割にも満たないと思います。
ウニカットは英語の説明ではスーパーユニーク
つまりレア物といったところでしょうか?
ウニカットの職人さんの特徴は全行程手描きというところ
ボレスワヴィエツの陶器の特徴は
スタンプで模様を押していくので
ウニカットの職人さんは熟練工といえますね〜

今日ボレスワヴィエツを出て
ドイツのドレスデンに着きました。
ここから発送しようと思って越境しました。
たった2時間の距離ですが
東から西に来た〜〜という感じです。
でもここまで運べたのでこのまま
ハンドキャリーで行こうかな〜と思います。
スーツケース壊れそうだけど…
越境したのは
以前たくさん破損を出してしまって
ドイツの宣教師に
「ドイツから送れば良いのに…」といわれ
何?そんなに凄いの!?みたいな興味本位で
送るつもりでいたわけです。
さてハンドキャリーで頑張りますが
アエロフロートロシア大丈夫かな?



[PR]
by erinberryjam | 2017-08-11 05:10 | 旅行 | Comments(0)

アウシュビッツ・ビルケナウ

e0239312_04505410.jpg
過去にもアウシュビッツのことを書いたので
簡単にまとめます…まとまるかな〜!?
ユダヤ人絶滅のことだけがクローズアップされますが
今回どうしても8月1日までに
ポーランドに入国したくてスケジュールを組みました。
その日はワルシャワ蜂起の日で
ワルシャワでは17:00ちょうどに
街が1分間止まります。
私はポーランドはヴロツワフに降りました。
17:00までにバスは出られたのですが
宿に向かう途中でワルシャワ蜂起のシンボルマーク
Tシャツの集団が国旗を持って集まっていました。
ワルシャワ蜂起からカティンの森虐殺事件へと
泥沼化したのですが…私はそんなに詳しくないので
興味のある方はヨーロッパ近代史を読んでみてください。
e0239312_05115157.jpg
ワルシャワ蜂起の捕虜たちはここに送られたそうです。
こちらはビルケナウという収容所で
アウシュビッツ第二ともいわれています。
ビルケナウは家畜小屋を模した作りになっており
人として扱っていなかったことがわかります。
ポーランド人は今でもドイツ人・ロシア人・ユダヤ人に対して
あまり良い感情を持っていないのですよね〜
根深いな…
中国人や韓国人が日本人を赦していないのと
似ているかもしれません。
e0239312_05274997.jpg
こっちはアウシュビッツです。
毎日処刑も行われていましたが
人の住む建物ですよね…
呻き声のする餓死室
銃殺刑の銃声
私なら生きることを放棄しそう…
イスラエルの学生がたくさんいました。
白と青の国旗を持っています。
e0239312_05345780.jpg
ビルケナウでも白と青のTシャツの学生さんがたくさん!
アンネ・フランクの死後アンネと義理の姉妹となった
エバ・シュロスさんはここで
自分の父親とフェンス越しに再会したそうです。
その時自分の母親は死んでいると思い込んでいたエバさんは
そのことを父親に伝えてしまい
ソビエト軍に解放された時に解放3日前に
自分の父親が亡くなったと知ったそうです。
母親は間も無くガス室に…という時に解放され
自分が父親に間違ったことを伝えなければ
生きる希望を持っていられたかもしれないと
ずっと自分を責めていたそうです。
そのエバさんがここを訪れた時の様子が
テレビの特番ですがありありと思い出され
胸が締め付けられそうになりました。
時間的な都合でアウシュビッツに行ったのですが
ルブリンというところにも
戦後初めて公開された収容所があり
行ってみたかったのはそちらでしたが
今回アウシュビッツで唯一の日本人ガイドの
中谷さんという方に再会でき
3年前のお礼を言うことができたので良かったかな…


[PR]
by erinberryjam | 2017-08-10 06:12 | 旅行 | Comments(0)

脈々と受け継がれるプロテスタント信仰

ベルリンからポーランドのヴロツワフにバスが出てました。
そのヴロツワフ(Wrocław)
ドイツ語ではブレスラウで英語ではウォクロウ
切符を買いに行った時に通じなくて
綴り方調べて出直してきます!って
1度目は窓口で通じなかったのですよね…
今日はすでにボレスワヴィエツ(Bolesławiec)に入りましたが
これもドイツで出会ったおばさまとおしゃべりしていたら
ブンツラウって言ってくれた方が私にはわかりやすいわ〜
あの陶器もブンツラウ
あの柄もブンツラウって言うのよ〜
ドイツではブンツラウ!とのこと。
ドイツでしたからね…第二次大戦まで
ヴロツワフから60キロ離れたシフィドニツァと
同じくヴロツワフから50キロ離れたヤヴォルという街に
プロテスタントの木造教会を見に行きました。
まぁアクセスが悪くてですね…k
ドイツでは私がカタコトでもドイツ語を話すまで
誰も私にはドイツ語を使わず英語ばかり
それがポーランドに入った途端
英語はダメだドイツ語は話せなのか!?と…
ドイツ人があんなに英語を話すもんだから
身につかなかったわけですよ…10年前ですけど

さてカトリック95%のこの国で
360年脈々とプロテスタント信仰が守られてきたと
しかも教会堂は塔や鐘を建てない(目立たせない)
攻撃を真っ先に受けやすく城壁の外に立てる
木造・粘土・藁など朽ちやすい素材で建てる
一年以内に完成させる…ムチャな〜〜(ノ_<)
それがどうです!?
e0239312_04574732.jpg
ここまで街の中心から歩くんです。
城壁の外ってくらいですし
言葉は通じないし心細くなるくらい
それが一歩教会に入ると
どのご案内が良いですか?と聞かれ
あってもポーランド語・ドイツ語・英語だろうと思って
英語で!とお願いすると
日本語だといかがですか?とのこと
アンケートか?と思って
日本語があればなお良いですね!と答えると
束になった翻訳から日本語をサッと抜き取り
手渡してくださったのです。
しかしここでも100%ニーハオと言われる私は
初めて日本語ではいかがですか?って
今でも心の中でこだまします!!
中のフレスコ画とか像なんかも凄いんです。
写真撮影禁止だったのですが
ヤヴォルの方はお金を払うと撮影できました。
シフィドニツァからヤヴォルへのアクセスが大変でしたけど…
e0239312_05273622.jpg
外中総合的に完成度が高かったのはシフィドニツァでした。
こちらのヤヴォルでも日本人か?と聞かれ
はいそうです。
と翻訳された紙でも出てくるのかな〜と待っていると
教会中に響くスピーカーでその歴史を流してくれました。
e0239312_05323597.jpg
ユネスコ世界遺産に登録されているのですが
これが信徒たちの喜びだったのだろうと思います。
駅から案内看板もなく
突如教会内では世界各国の言葉で紹介され
この空回りっぷりがクリスチャンの私にはよくわかります。

宗教改革500年の今年
ドイツやポーランドの教会を回ることができて
本当に幸せでした!!
もちろん普段行かないカトリック教会も
こういう機会に行くと
キリスト像がすごく心に訴えてきます。
プロテスタント教会にはキリスト像がないんです。
偶像礼拝になりかねないからだと思いますが…
でもイエスさまの
あなたのためではなかったか?という声が聞こえてきそうで
わたしが十字架にかかったのはあなたのためではなかったか?と…
こうべを垂れただただ
あなたにお従いします!と祈りました。

途中から行が白くなって戻せないので
このままアップします。

[PR]
by erinberryjam | 2017-08-09 05:57 | 旅行 | Comments(0)

ベルリンあちこち

あっちでフリーマーケットがあると聞けばあっちへ
こっちでフリーマーケットがあると聞けばこっちへ
まぁ〜4ヶ所ほど回って
こんなにも残念な結果だったとは…
収穫ゼロ!!
e0239312_01182943.jpg
確かに楽しいしワクワクするのですが
買うほど欲しいというわけでもなく…
それでいて世界各国のものが売られている感じ
これは以前私が聞いていた話と違うのですよ!
古いものを大事に使う人たちだから
東ドイツものがわんさか!!っていうイメージ…
だったのですが…
ただのワールドマーケットと化してしまって
古いものを置いているカフェでそれとなく
フリーマーケットって昔からあんな感じなんですか?
なんかイメージと違ってて…というと
随分変わってしまって
ここにあるものは全てフリーマーケットで買ったもの…
とのこと…やっぱりか〜(ノ_<)
インド系・モロッコ系の
雰囲気のオーナーさんが多かったかな?
街には中東移民も多いので溶け込んでいて
それはそれで新しいベルリンなのだと思うのですが
私が欲しいものはありませんでした。

実はドイツは私のイメージでは
一番人種に対する差別をタブーとしている国でした。
ナチの反省からそのような教育がなされているという感じ
でも電車の中の落書きに
『モスリムはもうたくさん』というのを見つけてしまったり
私はしつこく「ミャーオ、おいミャーオ!!」
「わからないのかよ!ミャーオ!!」と言われたり
東洋人はみんなミャーオミャーオ言ってるように
彼らは聞こえるみたいです。
差別が見える形になってきているのは意外でした。
いつだってどこでだって差別がある…
悲しいですけど私の経験はそうです。
こうしてユダヤ人に思いを寄せるってこともできたかな〜
今はシリアなどの難民か…
来年イスラエル建国70年です。
まだ70年経ってないのですよね〜!?
それまで流浪の民としてヨーロッパ中に散らされ
彼らの民族性から現地に溶け込もうとしないことが
差別の対象になって排除へとエスカレートしたのですよね?
e0239312_02074101.jpg
ザクセンハウゼン強制収容所に行きました。
ここに行く電車の中で
『モスリムはもうたくさん』という落書きを
見つけてしまったので落ち込みました…
シリアの方々よくドイツ語も身につけて
私から見るとすごいな〜がんばってるな〜と…
e0239312_02192429.jpg
あら…随分小さい(u_u)
『ベルリン天使の詩』
地下鉄のテレビで現在のブルーノ・ガンツが映って
お年を召されていてビックリ!!
『ヒトラー最期の12日間』のヒトラー役の方です。
すごいハマリ役でしたね!?
日本映画にもお出になりましたよね?
大好きな俳優さんです。
最近積極的に映画を観に行ってないので
ブルーノ・ガンツ情報があったら教えてください。
ブランデンブルグ門からすぐのように見えて
歩き始めたら意外と遠かった…ヴィクトリア像
e0239312_02314135.jpg
ベルリンで好きだな〜と思った場所は
この聖ニコライ教会の辺り…都会のオアシスって感じで
ここを中心にベルリンは築かれていったらしいです。
昔の中心はやっぱり教会堂なんだな〜
e0239312_02390366.jpg
存在感だけは凄いベルリン大聖堂
だけは…なんて言っちゃいけませんね!
e0239312_02453292.jpg


戦争の悲惨さをそのまま残すヴィルヘルム皇帝記念教会
[PR]
by erinberryjam | 2017-08-08 02:59 | 旅行 | Comments(0)

ベルリンの壁

ドイツのフランス寄りの田舎町で一冬過ごしたことがある…
以前から何度か書いているネタですが
その頃から10年以上経っています。
その頃はベルリンの壁が崩壊して15年で
東西の経済格差が問題になっていました。
そして働くことがお金になるのだというのを
体得していない東側の人に対して
西側の人は
「ベルリンに前よりも高い壁を作れ!!」と…
何度もそんな話を聞きました。
そのベルリンの壁の前に自分が立っていることの不思議!
e0239312_02231003.jpg
一番有名な絵となった
ソビエト連邦のブレジネフと東ドイツのホーネッカーの接吻
でもこれ本当に新聞記事で写真を見ましたから
皮肉というより当時の関係が浮き彫りになった象徴的な出来事
チェックポイントチャーリーという博物館に
その写真が飾られています。
ただ日が暮れる頃に行ってしまって
あまりちゃんと読まずに回ってしまったので
今思うと後悔…
e0239312_02441294.jpg
東西ベルリンを分けていた国境検問所
チェックポイントチャーリー
(私が立っている後ろに博物館があります。)
e0239312_02580757.jpg
ベルリンの壁があった場所には
プレートが埋められています。

e0239312_02563856.jpg
車の横まで回るとベルリンの壁はまだあります。
e0239312_03074327.jpg
この場所はテロのトポグラフィーというエキシビジョンで
視覚資料がたくさんあって衝撃的でした。
一度にあんなに人が殺されるシーンを見るのは初めてで
銃殺刑・絞殺刑と動画が上映されています。
人は加害者にも被害者にもなる可能性があるということを
よく表している展示で
個人的にはとてもオススメです。
今は疎遠になってしまいましたが
フランス寄りの田舎町の友人で
ベルリンの壁が崩壊する時に
西ドイツの軍隊にいたそうです。
そしてただならぬ事が起こりそうだという理由から
脱走を計画していたとのこと。
ちなみにその人のことでもう1つ鮮明な記憶が…
おじいさまがナチのSSという親衛隊で
終戦が色濃くなってきた頃に自殺したそうです。
今日はポーランドのクラクフの
ジューイッシュクオーターで
(ゲットーなどがあった場所で
シンドラーのリストの
シンドラーのホーロー工場があったところ)
フリーマーケットがあり
ナチの紋章やSSのバッジやリングが売られていて
こんなところで!?と複雑な気持ちがしました。
そう今はポーランドにおりますが
もう1つくらいドイツの記事を書こうかな?
ドイツの目的はそれこそフリーマーケットでしたので!
始めに少し触れましたが
旧東ドイツの人って今でも働かない人が多いのか?
なんか昼間っからお酒を飲んで
人にお金をせびって…
そんな光景をよく見ました。
またベルリンの同じ宿に戻ります。
はぁ〜あ…治安悪っ
次に来るとしたら西ベルリン側にしよう!



[PR]
by erinberryjam | 2017-08-07 03:41 | 旅行 | Comments(0)