ラーメンエース&Cafe Amnos 自営業備忘録
by erinberryjam
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
ラーメン屋
カフェ
旅行
多摩
教会
大相撲
介護
食品の秘密
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
フォロー中のブログ
lilac_cottage
つみつみ
grace
Lene cafe つうしん
あしげんち
最新のコメント
Aruさん コメントあ..
by erinberryjam at 15:37
ハロウィンは悪趣味、その..
by Aru at 01:32
Aruさん 毎度ありが..
by erinberryjam at 22:51
二回いただきました。昨年..
by Aru at 23:37
ZATSUさん コメン..
by erinberryjam at 21:00
先日はどうもでした♪ ..
by ZATSU at 20:32
Areさん わ〜!カー..
by erinberryjam at 12:22
ご無沙汰してすみません。..
by Aru at 08:27
Aru さん はい…ち..
by erinberryjam at 21:52
2チョイスに対して大丈夫..
by Aru at 23:49
メモ帳
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusha..
venussome.com
from venussome.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
カンボジア近代史のタブー
at 2017-11-22 00:58
うちのソユーズ
at 2017-11-12 18:25
晩秋の緑の中のコーヒータイム
at 2017-11-11 15:17
ワンコイン
at 2017-11-04 16:19
ルター父さんの宗教改革
at 2017-10-31 00:07
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
旅行・お出かけ
レストラン・飲食店
画像一覧

<   2013年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

いただきます

無事帰国致しました。
今日はゆっくり休もうと思って
寝過ぎて午後2時に目を覚まし
結局ポーランドの朝と同じ時間に目覚める羽目に・・・

思い返すと首都ワルシャワは空前の寿司ブーム!
e0239312_23196100.jpg

いただきます
e0239312_23215125.jpg

見にくいですが米とわさびです。
e0239312_23341397.jpg

こちらは醤油
e0239312_2328374.jpg

クラクフでもこけしに
e0239312_2330241.jpg

ピカチューです。
ちなみにこちらはケーキです。
舌が黄色くなりそうですね!
こけしとピカチューは寿司と関係ありませんが
なんとなく日本繋がりで・・・
そのなんとなく日本繋がりで
夫へのお土産に選んだのは
e0239312_23391815.jpg

浪人
ロバート・デ・ニーロやジャン・レノ主演の
アメリカ映画『RONIN』というのがあるように
欧米では元々の浪人の意味としてとらえられているようですね~
何処にも属していない1匹オオカミのような
はたまた傭兵や殺し屋のような感じかしら?
中身はエナジードリンクです。

明日から仕事
ちゃんとできるか心配です。
頭の中は先のこと(新店舗のこと)ばかり考えてしまうので
これまでやってきた仕事がちゃんとこなせるか・・・
でもちょっとまかないでラーメンを食べるのが楽しみなのです。
うふふっ
[PR]
by erinberryjam | 2013-08-29 00:09 | 旅行 | Comments(2)

ボレスワヴィエツの陶器市

『経緯』という記事の中で
ポーランドの陶器市に買い付けに行くと書きました。
それがボレスワヴィエツという町で
ドイツのドレスデン、チェコのプラハから
50kmくらいの場所に位置する小さな町です。
ホテルなど数件しかないようで
町はずれのモーテルしか宿をとることができませんでした。
e0239312_23572815.jpg

ガソリンスタンドとレストランに挟まれたモーテル
車もないのにモーテル・・・
そうこのために国際免許を申請しておきました。
しかし紹介されたのはたった1軒しかないレンタカーで
「この男に電話しな!」
「この電話番号がレンタカー屋さんなのね?」と私
「いや、男だ!彼に電話してガレージに連れて行ってもらえ!
で好きな車を選びな!あとはこの男の指示に従えばいい・・・」
とちょっと映画の吹き替え風に訳してしまいましたが
なんだか映画『メキシカン』のレンタカーシーンみたいで
危険な匂いがプンプンしてきそうなのでやめました。
で町まで5kmの道のりを通いましたがな!徒歩で・・・
往復10kmでっせ!!


三大ブルーオニオン(四大ブルーオニオン説も・・・)
といわれているマイセンやカールスバード、フッチェンロイターは
チェコとドイツの会社で
中国のザクロの図柄が誤って伝わってタマネギ柄になったもので
白磁に藍色が美しい高級食器です。
この国境付近ボレスワヴィエツも少なからず
東洋の陶器の影響を受けていて
なおかつここの陶器の特徴は普段使いにもってこいで
電子レンジ・オーブン・直火・食洗機に使っても大丈夫という
優れもの!!
ボレスワヴィエツの陶器が好きならこの市はウハウハです!
e0239312_0113426.jpg

ウハウハ・・・
e0239312_0133859.jpg

ウハウハ・・・
e0239312_024473.jpg

上は中世の恰好でのワークショップ
下はアットホームな感さえあるパレード
e0239312_0293391.jpg

e0239312_0342860.jpg
e0239312_0385678.jpg

画像が多いと開くの遅くなりますよね?
スミマセン!!


今回出国前に船便を探したのですが
日本の会社1社は個人名でメールを出したせいか相手にしてくれず
ドイツのDHLやアメリカのUPSは都市部のオフィスに持ち込みならOK
結局タクシーを呼んで郵便局まで持って行って発送しました。
航空便で・・・恐ろしく高くてビックリ!
この後DHLが値段表をくれましたがこちらはダブルプライス!
船便の会社め~~!
この4日間はちょっとハードでした。
以前東南アジアものの買い付けをしたことはありました。
でもこんな重いものは初めてだし
下代と上代を常に考えながら
上代でどれくらい欲しいか?
そうすると下代でどれくらい買わなければならないか?
送料を引いて利益は出るのか?
プレッシャーを感じながらの日々でした。
ちょっとビビリ病が出てしまい買わなさ過ぎたかもしれません。
そうなのです!買い付けって男の人に多いのですが
男の人の方がドカッと発注できるものなので
向いているらしいです・・・それに比べて私・・・
でも前向きに!
良い勉強になったし先が楽しみです。
[PR]
by erinberryjam | 2013-08-26 01:08 | 旅行 | Comments(4)

『シンドラーのリスト』

クラクフには旧市街とカジミエシュ地区という
ユダヤ人が戦前から多く住んでいた場所があって
『シンドラーのリスト』のオスカー・シンドラー氏の工場も
このカジミエシュ地区にあります。
現在はクラクフの歴史を伝える博物館となっており
戦中はゲットーというユダヤ人を隔離する場所もまた
この地区内に作られました。

旧市街は山の手
カジミエシュ地区は下町といった感じです。
e0239312_16195926.jpg

e0239312_16242166.jpg

シンドラー氏の書斎と『シンドラーのリスト』
ヤコブ・モーセ・サラなど聖書に出てくる名前がズラリ!
やっぱりこういう名前を付けるんですね・・・シミジミ

一時、私は信仰から離れようとしたことがありました。
その理由は世界の争いの歴史には必ず
ユダヤ教とキリスト教が絡んでいるから・・・というものでした。
でも信仰に立ち返ってみると神が望んでおられることではないし
人間の側に問題があるということに気付き
(つまり宗教を利用して争おうとする性質)
「平和を作るものは幸いなり」という聖書の言葉を
実践する者でありたいと願うようになりました。

今回訪れて『シンドラーのリスト』を思い起こすことができ
杉原千畝氏のことももっと良く知りたくなり
(同盟国であった日本人もユダヤ人にビザを
発行し続けていました。杉原氏はその時の外交官)
小学生の時に読んだっきりの『アンネの日記』も
また読みたい!と思うようになりました。


さてクラクフはダークツーリズムの場所ばかりではありません。
ヴィエリチカ岩塩坑も観光地の一つです。
(昨年のブログのルーマニア記事に
塩鉱って書いてしまったかも・・・塩坑ですって!
ヨーロッパって岩塩の地ですね~)
e0239312_1716299.jpg

地下300mの場所に作られた世界最地下礼拝堂
シャンデリアもマリア像も見えているすべてが塩です。
e0239312_1724787.jpg

塩!
e0239312_17261458.jpg

塩!←しつこい・・・
[PR]
by erinberryjam | 2013-08-25 17:35 | 旅行 | Comments(2)

アウシュビッツ

ワルシャワからクラクフに移動しました。
東京から京都に移動した感じでしょうか・・・
ナチス・ドイツに徹底的に破壊された街ワルシャワは
新しい建物が多く風情は感じられません。
一方クラクフの方はナチの司令部がおかれた古都なので
戦火をまぬかれて、今も美しく
一目でこの街が好きになりました。

しかしここに来たからには行かなければならないと
オシフィエンチムとブジェジンカへ
オシフィエンチムとブジェジンカとはポーランド名で
アウシュビッツとビルケナウと書く方がわかりやすいでしょう・・・
またビルケナウもアウシュビッツ第2収容所と
表現されることが多いようです。
e0239312_15335456.jpg

約130万人の人が連行され
その75%の約110万人が殺害された場所の
約130万人がヨーロッパ中から集められ到着した場所です。
そのほとんどがユダヤ人で
ここでまずドイツ軍医師に指差しで
「お前はこちら」
「お前はそちら」と選り分けられ
ほとんどの人は収容されることもなくその先にある
ガス室へと送られて行ったそうです。
収容された人も
ギリギリ働けるだけの食糧
つまりギリギリ死なない程度の食糧を与えられただけで
やはりそれも2~3ヶ月の収容期間で死に至ったのだそうです。
e0239312_1645610.jpg

すごく広いのですがそれ以上に収容された人も多く
例えば朝の手洗い(用足し)に与えられた時間は
1人20秒だったという証言があるそうです。
e0239312_16234986.jpg

プライバシーもないトイレ
こんなところで人間として自分を保つことの方が難しいと・・・
私なら早く死にたいとされ思ってしまいそうです。
e0239312_16392465.jpg

1つのスペースに5人ほどが寝起きさせられたベッド
建物の作りは家畜小屋と同じ
どれだけ人間として扱われていなかったかが
容易に想像できます。
ここに収容された人は選り分けられ
生きて働くことが認められた人です。
しかし自分の妻や子供たち、老いた親が
ガス室に送られ殺されたことなど知らなかったのだと思います。
e0239312_16513788.jpg

10年も前になりますが
私はドイツでひと冬を過ごしました。
私の祖父も第二次大戦でフィリピンで戦病死しましたが
同じアパートの住人の祖父は
第二次大戦中ナチのSS(親衛隊)で
終戦を迎えた日に自ら命を絶ったのだそうです。
みんなこれと言ってスペシャルなわけでもなく
至って普通の人が時代に流され加害者となったのです。
政党としてのナチを支持した人は初め37%だったそうです。
しかし連立して与党となり
ヨーロッパ全体を震撼させる政党となりました。
時代に流され傍観すること
自分の声を上げないことが雪だるま式に
間違いを大きくしていったことになるのなら
一市民として私は政治を人任せにしない努力をしなければ!
と感じた次第です。

今、日本は安心と言えるでしょうか?
憲法第9条は私たちが
過去の過ちから学んだ結果ではなかったでしょうか?
その時代々々に都合がいいように変えられるものとして
制定された法律ではないと思います。
原爆投下を持って終わった先の戦争で
唯一の被爆国の私たちは何を学んだのでしょう?
福島第一原発事故も終息する前から
原発を売り込むことへの違和感を強く感じます。
e0239312_17334635.jpg

最後にこの方のことを書かなければならないと思います。
長崎の大浦天主堂にも記念碑があるらしいのですが
そこに布教に来ていたコルベ神父のことです。
ある日収容所から1人の脱走者が出て
その連帯責任として10人の収容者が処刑されることとなりました。
そのうちの1人が妻子を思って泣き崩れると
(ポーランド軍々曹でナチの捕虜となった人)
ポーランド人のコルベ神父が代わりを申し出たのです。
10人が送られたのは餓死室で飢え渇き
最後は狂死するその部屋で
コルベ神父は他の9人を励まし祈り讃美歌を歌ったそうです。
殉教した時のコルベ神父は47歳だったそうです。
私は47歳までにそんな信仰の成長が遂げられるでしょうか・・・
私の一生の課題となりそうです。
[PR]
by erinberryjam | 2013-08-19 18:09 | 旅行 | Comments(4)

記憶に留めておく日

昨年の今頃はブルガリアとルーマニアにおりました。
そのブルガリアで泊めていただいた日本人の友人が
ブルガリア人とお食事をすると言って連れられて行ったところに
ポーランド人のマチェックがいて
今日1年ぶりの再会となりました。

「マチェックってありがちな名前なの?」と聞くと
英語のマシューでした。
日本語の聖書だとマタイです。
昨年会っていたルーマニア人の友人もオビデュというのですが
聖書のオベデ、つまりエッサイの父、ダビデの祖父ではないかな・・・
と生活にキリスト教が根付いていて羨ましく感じるこの頃です。


さてまだこちらの日付は変わらず8月15日
ポーランド人にとっても記憶に留めなければならない日だそうで
マチェックは歴史のことをいろいろ語ってくれました。
ソビエト・ポーランド戦争終結の日で
たまたま散歩をしていたら大統領に会ってしまいました(笑)。
なんて不謹慎な書き方!!
マチェックと会うまで時間があったので
すっかり秋めいた楓の林を歩いていると『無名戦士の墓』に出て
物々しい警備に興味本位で近づいて行ったところに
大統領が表れたわけなのです。
e0239312_1261265.jpg

こちらでも戦没者を覚える日に
大統領がセレモニーを行ったようですね・・・
e0239312_1311058.jpg

素敵過ぎ!!←どこまでも不謹慎・・・

まだ耳がポーランド語に慣れていないのですが
「ドーブレ」とよく聞きます。
ブルガリア語にも同じ意味の同じ単語があります。
でも同じ東欧なので驚かないですよね?
ではドイツ語の「アソー」はいかがでしょう!?
日本語の「あ、そう」と同じ意味で使います。
インドネシア語の「チャンプルー」も
沖縄の言葉の「チャンプルー」と一緒です。
海洋の流れ方を考えれば
インドネシアから沖縄に伝わったのかな?と思えるのですが
それが九州で「チャンポン」となったとすれば
あの距離の間に何があったのか・・・理解に苦しみます。
まぁ・・・これはあくまで私が勝手に考えたことですので
言語学者がこれを読んだら
「アンタ馬鹿ね~」と思うでしょうね・・・
[PR]
by erinberryjam | 2013-08-16 02:23 | 旅行 | Comments(2)

経緯

ブログタイトルの『時々旅行』の部分がやっと更新です。

成田を発ちカンナビス・カップで有名なアムステルダムで乗り換え
(カンナビス・カップしか思い付かない情けなさ・・・)
ポーランドのワルシャワに到着したのは
自宅を出発して24時間たった頃でした。
去年ブルガリアに到着した時も同じことを書いていました。

昨夜電車の切符を買うのに助けてくれた女性が
「なぜポーランドへ?」と・・・
「陶器市があるの!」と私
なぜポーランド・・・
e0239312_4145214.jpg

ことの発端は暑い暑い厨房で
私は夫に「お盆休みに北海道行かない?」と誘ったのですが
「コレ持ってな!」と北海道に出張した友人のお土産
『ラーメンウォーカー北海道版』を嬉しそうに掲げた夫が
どういうワケか
「お盆なんてどこも混んでてな~」と渋り始めたのです。
しびれを切らし私は北海道1人旅より
力士を追っかけてジャカルタに行こうと決心し
それならバリ舞踊も毎晩見たいとアレンジして
インドネシア行の航空券を探し始めました。
ところが当初考えていた額の10倍の値段まで上がり
インドネシアにこの金額はかけられないと断念!

同じ頃弊店お隣の不動産屋さんの従業員Sさんが
「来月仕事を辞めることになりました。
カフェの物件のことはNさんに言ってありますから・・・
あ!そういえばそこの物件空きますよ!」
「え?やります!私借ります!!」と急でしたが
ことが動き始めたのです。
それで私がやりたいお店というのが
雑貨を扱うカフェでして
私自身も欲しいと思っていたボレシュワヴィエツ陶器を
買い付けに行くことにしました。
奇しくも件のジャカルタ巡業の日が陶器市です。
e0239312_4213082.jpg

ポーランドのピエロギという料理なのですが
この食器がボレシュワヴィエツ!(柄はもっと豊富です。)
ピエロギはロシアのから伝わった水餃子なのですが
ロシアの水餃子は中国に伝わったのか?
中国から伝わったのか?どちらでしょう・・・
ご存知の方、教えてください!!

ショパンとコペルニクスとキューリー夫人を生んだポーランド
ロシアとドイツの狭間で脈々と守られたこの国は
国を愛する気持ちがなければなしえなかったことでしょう・・・
民族の誇りを感じます。(まだ1日目ですが・・・)
[PR]
by erinberryjam | 2013-08-15 05:05 | 旅行 | Comments(6)

奥多摩での出会い

このところとても忙しかったのですが
夏の休暇の航空券が取れて、それか13日のフライトで
ってことは12日は1日空くな~ということになり
じゃぁ~地区聖会に行くことにしよう!そうしよう!!
休暇の準備・1泊の聖会の準備も中途半端なまま
日曜日の礼拝後に奥多摩で持たれる
同じプロテスタントの教団の多摩地区の聖書の勉強会←ながっ!
へと行くことができました。

行きたかった理由の1つに
講師の先生(牧師)はお会いしたことはなかったのですが
その息子さんとは高校時代に仲が良かったので
彼のお父様のなさる説教を聞いてみたいという興味本位からでした。
高校の時からアメリカで生活していた彼は
四半世紀経とうとしている今もアメリカで生活しているとのこと・・・
昔は簡単に繋がれるツールがなさ過ぎて
疎遠になってしまったことが悔やまれました。

教会が変わってからは初めての地区聖会でしたが
お会いできると思っていなかった私に洗礼を授けて下さった
牧師&牧師夫人とお会いでき
それだけでも来て良かったと・・・

また
『ペアになった相手へ3つの質問をしましょう』
というちょっとしたゲームがあり
「近い将来の計画はありますか?」と相手の方
「お店を開きたいと思っています。」と私
「起業ですか!?」
「すでに1軒ありまして、初めてではないのですが
私自身は初めてで私の店となります。」
「え?どこでですか?」
「今は何を!?」
「八王子の中野町というところでラーメン屋を・・・」
「え~~!僕はその方のブログを知っています!!」
つまりこのブログです。
その方は弊店から再近の教会の牧師で
私自身も情報を得たいと思っていたところにこの出会い!
先生(牧師)もラーメン好きで
評判の良いラーメン屋を探している時に
私のブログにたどり着いたのだそうです。

宿泊の部屋へ行くと
先ほどの先生の奥様とご一緒に!
そのほかにも2人の牧師夫人とご一緒で
それぞれの伴侶が大のラーメン好きなのだとか!!
「絶対行きます!」と約束して下さりちょっと恐縮・・・
牧師という職業はラーメン好きが多いようです。

そのほかにも
同じ市内のらーめん楓の店長さんの義理のお父様(牧師)にも
お会いすることができラーメン談義に花が咲きました。


で・・・「え?ホントに?」と思いながら
ここまでお読みいただいた読者さま
ありがとうございます。
このブログを書き始めたころにお伝えしていた
ラーメン屋とカフェの立ち上げの様子をブログに・・・
と何気に削除してしまった部分でしたが
やっと着手できます。
私自身のお店です。

でも明日早い時間に出発し機上の人となるので
今日はこの辺で失礼します。
[PR]
by erinberryjam | 2013-08-12 23:46 | 教会 | Comments(6)

まるでクレープのようだ!

e0239312_20374757.jpg

昨日は東京ビッグサイトで食品の展示会でしたが
『ラーメン』のほか『カフェ』もあったりして・・・
名刺交換をして資料をたっぷりいただくとかなりの荷物!
各社それを入れるエコバッグやクリアファイルを
じゃんじゃん配っているのですが
使っている私たちは自動的に
その会社の宣伝をして歩いているわけです。
あのバッグかわいい!あった、あった~あの会社で配ってる!
大喜びでエコバッグに大量の資料を入れ
その会社の資料をよく見ると超!が付くほど
怪しいサプリメントの会社だったりする事実・・・
そんなこともしばしば経験しながら
業界の流行りなどがわかり勉強になる展示会が好きです。

一緒に行ったのは毎度のことですが
私たち夫婦と他のラーメン屋(狼煙屋さん)夫婦
妻同士はカフェで何時間でも喋っていられるタイプで
この日も素敵なカフェを発見してしまったので
妻たちはカフェへ
夫たちはラーメン屋(千里眼さん)へ・・・
e0239312_2174720.jpg

Galettoria(ガレットリア)さんです。
渋谷区松濤1-26-1
11:30-21:00
定休日/火曜日
車窓からGaletto…という文字が見え
ワッフルを焼くプレートよりも大きな鉄の蓋が見え
ガレット専門店に違いない!と急遽降ろしてもらいました。
同じラテン語のイタリアもPizzeriaはPizzaの専門店
フランスもriaを使うんですね・・・
メニューは¥2000の2種類のガレットと飲み物のセット
というのがあったのでそちらともう一つ飲み物をオーダーしてシェア
e0239312_2125710.jpg

まずは定番の卵とハムのそば粉のガレット
e0239312_21275156.jpg

そしてキャラメルと塩バターのガレット
あれ?塩キャラメルとバターだったかな?

パンをランチにする人の
お惣菜パンと甘いパンの組み合わせみたいですよね?
(台無しな一言を書いてしまったかしらん?)

私も知らなかったのですが
ガレットとクレープってどう違うの?とよく聞かれます。
それで調べたら
粥状のものを焼いた料理をガレットというのだそうです。
クレープの方は
服飾関係の人はクレープ地とかクレープ加工
という言葉をご存知かと思いますが
生地に皺(シボ)を持たせた状態です。
縮緬(ちりめん)もフランス語でクレープだそうです。
縮緬は糸に強く撚りをかけて織るので皺ができます。
↑コレがかつての私の専門でした。
まるでクレープのようだ!がそのまま名前になったパターン
だからガレットと言おうがクレープと言おうが
どちらも間違いではないのですね!
e0239312_22143558.jpg

フランス語・・・興味津々です!
ドイツに行ってもドイツ語が身に付かなかったのだから
フランス語もダメでしょうな~
「この粥状のものを焼いた料理はまるで縮緬のようだ!」
なんて言ったフランス人がいたのでしょうね・・・
[PR]
by erinberryjam | 2013-08-08 22:31 | カフェ | Comments(0)

勉強!勉強!!

今週から始まりました『冷やしめん』
なかなか良い評価をいただいております。
みつばちさんの『冷やしめん』記事
皆様遠慮されてヤサイコールをなさらないのですが
増せないだけでコールはしていただけますのでご利用ください。

さて今日は食品の展示会のため東京ビッグサイトへ
e0239312_2044896.jpg

麺を物色したり
e0239312_20574636.jpg

ラーメン本を物色したり
e0239312_20594769.jpg

『弾』という銘柄の小麦粉と
『粘』という銘柄の小麦粉を食べ比べたり
e0239312_213349.jpg

また麺を物色したり
e0239312_216369.jpg

FCなんかしないのに直久さんのミニミニラーメンを
随分並んで試食したり
e0239312_21104869.jpg

e0239312_2111513.jpg

各社いろいろ商品説明をしてくださるのですが
その説明が良いヒントになって
自分がやっていることに応用できるのです。
悪く言えばアイデアだけいただき!ってことなのですが・・・
本当に勉強になります。

大満足で会場を後にし
渋谷方面を目指しました。
e0239312_21201943.jpg

目的地はその先だったので
ローリング蕎麦ットJさんは写真だけ撮らせていただきました。
グレート・ムタさん今度は絶対行きますね!

目指すは千里眼さん
でも素敵なカフェを見つけてしまったので
私とマダム狼煙屋の2人は途中下車
狼煙屋Mさんと夫はシャッターで千里眼さんへ
e0239312_21403784.jpg

目黒区駒場4−6−8 佐藤ビル1F
11:30-14:30/17:00-21:45
お目当ては『冷やし中華』
e0239312_21452362.jpg

コチラも勉強になったそうです。
なかなか内容の濃い1日でした・・・

明日からまた『冷やしめん』をご用意して
お待ちしております。
[PR]
by erinberryjam | 2013-08-07 21:51 | ラーメン屋 | Comments(4)

夏の冷やし!

忙しい・・・
弊店でなく私自身が勝手に忙しい・・・
毎日疲れきって更新が滞ってしまいました(ノ_-。)
気がつくと8月!!
e0239312_1935115.jpg

真っ赤!!
スミマセン・・・それで今週は休み前の最後の1週間!
e0239312_19321619.jpg

今頃夏メニューです(ノ_-。)
『冷やしめん』
水で〆た麺にヤサイとブタシャブが乗ってます。
タレ作りに時間がかかったのですね~
試行錯誤をずっと見ていましたけど
3歩進んで2歩下がるような日々でしたよ・・・
ヤサイマシ・ヤサイマシマシができないですし
ブタが薄っぺらい(ブタシャブなので当たり前ですが)ので
お腹一杯にならないかもしれませんが
ミニ(150g)~大(450g)まですべて¥750ですので
是非お試しください。
券売機の下の方に『冷やしめん』ボタンがあります。
夏いっぱいこちらのメニューはお試しいただけますので
カレンダーをご確認いただいていらしてください。
お待ちしております<(_ _*)>

「夏いっぱい」とは夫が申したことなのですが
私が「8月いっぱい」と書くと
「夏いっぱい」っと訂正されました。
じゃぁ~夏っていつまでよ!?と聞くと
「オレが決める!!」とのこと・・・
オレは何さまなのでしょうか?
オレ様・・・
[PR]
by erinberryjam | 2013-08-04 20:47 | ラーメン屋 | Comments(7)